Project Flower ブログ

Project Flowerのブログです。

迷惑メールからの誘導

迷惑メールにアルファベットのデタラメな羅列のURLが記載され、誘導しようとしてくる事がある。

こういったURLへは興味本位で例えばネットカフェや、仮想マシンやTor等を使ってでもアクセスすべきではない。

URLがユニークである以上、送信したメールと紐付いている可能性がある。

だとすれば、誰かがデタラメに打って間違ってアクセスしてしまったという可能性は限りなくゼロに近い状態と言えるので、HTTPサーバにそのURLにアクセスした形跡があれば、メール受信者か、受信者が第三者に渡した事は推測する事ができてしまう。

例え悪質なスクリプト等はクライアント側でブロックできても、メールアドレスが利用されている(受信者が見ている)状態である事は知られてしまう。

 

もっとわかりやすく言えば、Aさんという人の郵便受けに入れたメモにしか書いていないはずの電話番号に、例えAさんではなくブラジルに住む見知らぬ人間から電話がかかってきたとしても(電話の場合は間違い電話の可能性があるが)、かけた人間はAさんの知人であったり、Aさんがバラした電話番号を取得した人物である事は推測でき、Aさんがメモを読んだ事は知られてしまう。

 

最近はYouTubeで“悪徳業者に×××やってみた”なんて遊び感覚の動画がよくアップロードされているが、手法の仕組みやリスクを理解してやっているのであればいいのだけれど。

【朗報】Libertouch復活【朗報】

www.fujitsu.com

国会議員は、国民の意見に沿ってこそ、国民は支持する。

メーカーは、消費者の望みに応えてこそ、消費者は支持する。

 

終息の理由が搭載IC等の終息であったというのはちょっと拍子抜けだった。

富士通のPC事業の売却を受けて富士通コンポーネントも撤退に向かうのではという不安があったが、とりあえず一安心。

良い製品をユーザーが手に入れる機会が約束されたのだ。

 

ブラックがないのが残念。又、標準で荷重は35gとなるらしい。旧機種の標準45gで特に不満なく使えているので少し気にはなるが、試しに35gに変えてみた時も違和感は感じられなかったので、気にするほどでもないかもしれない。

108キーでかな刻印なしが選べるのはよくわかってらっしゃる。

それにしても相変わらずまるで色気がない。(悪いとは言っていない)

 

Libertouchはとても気に入っているが耐久性には不安な部分があるので、現行機種としていてくれるのは大変ありがたい。

 

…とは言っても、Libertouchの終息が決まった時に予備用に1台購入してあるので、私がこれが必要になる時期はしばらく先かもしれない…。

Delphi / C++Builder Community Edition

待望の、と言うべきか。

Visual Studio Communityに続いて、Delphi / C++Builderの個人向け無償エディション(Professional相当)がリリースされた。

www.embarcadero.com年間売上が約50万を超える企業では利用できないから、実質個人向けだろう。

実は今、業務でこの開発環境(C++Builder Professional Edition)を利用している。

続きを読む

一気通貫

一気通貫という言葉が一般化しているらしい。

なんでも“一気通貫生産方式”なんて言葉があるようで。

しかしこの用語を雀卓上でしか聞く事のなかった人間にとっては違和感大。

同じ事を他の人も沢山言ってるけどね…。

 

立直という言葉は完全に一般化しているし、 チョンボあたりも割と通じそうだ。

立直はアガリ直前の(鳴いていない)状態、ビンゴのリーチなんかとはニュアンスとしては合ってる。

チョンボも役が成立しえないのにアガリを宣言してしまった状態etc.で、慌て者がやらかしてしまった状態としては合ってる。

一気通貫は一から九までの数牌が3ずつ順子になっている状態で、最初から最後まで請け負う…とはなんかニュアンスが違う。

 

では一気通貫が定着するようであれば、以下の表現も定着希望。

  • うちの職場は飲み会が良くあるけどプロパーで清一色
  • 最近は嶺上開花な案件に辟易。
  • 入社以来、門前でアガれた案件はなし。
  • 先月リリースした案件は大部分が振り聴だったのには参った。
  • あいつの仕事はジュンチャンばっかりだ。

"&"をアンドと認識できなくなってしまった人達

先輩「じゃあ、アンパサンドを押して。」

新人「アンパサンドって何ですか?」

先輩「は?アンパサンドはアンパサンドだよ。」

新人「???」

先輩「これ!シフト押して6!」

新人「ああ、アンドですか。」

キャラクタとしてのアンパサンドは業界では一般的だ。

でも新人のように知らない人間にとっては普通「アンド」と読むのが一般的だ。

アンドと読む事に劣等感を感じ、意地でも「アンド」と認識しない人達。

拡大解釈

ラリー・ウォールによるプログラマの三大美徳は“怠惰・短気・傲慢”と言われている。

一方、プログラマと呼ばれる人の中で本当に優れたプログラマと思えるような人は業界の現場には滅多にいない。

  • 俺はメールをなかなか返信しない。怠惰なのはプログラマの三大美徳であり、俺はそれを実践している。俺カッコイイ。
  • 俺は他人にすぐキレる。短気なのはプログラマの三大美徳であり、俺はそれを実践している。俺カッコイイ。
  • 俺は人の言う事を聞かない。傲慢なのはプログラマの三大美徳であり、俺はそれを実践している。俺カッコイイ。

そもそもラリー・ウォールの三大美徳はプログラマつまりプログラムを書く者としての精神を表すものであり、人間性を示すものではない。それを拡大解釈して正当化しようとする凡才プログラマはいないだろうか。迷惑な話である。

結局のところ、この三大美徳を引き合いに出して自己を正当化しようとする人間にはろくな奴がいない。

現場でこれを取り上げても正しく解釈できる人間は多くはないので、下手に口にしない方が良いと思っている。

特定の誰という訳ではないが、歌詞がとても多い曲を作るミュージシャンがよく見受けられるようになった。

まるで作文のようで、伝えたい事が具体的過ぎて、言葉に心を打たれない。

Project Flowerの“Flower”は、私が敬愛して止まない、SPIRAL LIFEという90年代初頭に活動していたミュージシャンの“FLOWER CHILD”という曲から拝借している。

SPIRAL LIFEの曲の歌詞はとても抽象的だ。それ故、ファンには“これはこういう意味の曲だ”なんて解釈される事もある。

恐らく作詞した本人達はそんなに深い意味は込めていないだろう。曲を先に作るタイプではないかと思う。たとえ伝えたい事があったとしても、それはストーリーではなく、歌詞の中に散りばめられた言葉のどれかだと思うが、それすらあるのかどうかわからない。そもそも、彼らの抽象的な歌詞がどういう意味かの答えを思案しながら聴くのはナンセンスだと思う。

しかしその歌詞は、曲とシンクロするのである。曲の中盤で、リズム隊が一瞬止まる。そして、

シャッター切るようなスピードで今 息を止めながらまばたきをしてた

まるで空間が一瞬スローモーションになったようで、ハッとする。

この曲の歌詞は全体的にイカレている。“朽ちた太陽”や“カウンターカルチャー”といった言葉が出てくるが、サイケデリックなこの曲には相応しい。

----------------------------------------

同じくらいの時期に、BS衛星放送にセント・ギガという放送局があった。

契約者以外でも無料で視聴できる時間帯があり、“音の潮流”という番組名でヒーリング音楽のようなものが流れていたが、合間に入るナレーションが詩のようになっており、これが良かった。

空・光・音楽・富士山・花…脈絡の無さそうな言葉が散りばめられるが、自然をモチーフとした独特の雰囲気と音楽はシンクロしていた。

やがてセント・ギガは倒産してしまったが、あのような番組を聴くことのできた加入者を羨ましく思う(私は中学生だった)。