Project Flower ブログ

Project Flowerのブログです。

設計書

ソフトウェアというものは、通常、SEが設計書を書いて、PGが実装する。

ところが今の現場では設計書を書くのも実装するのもテストを作るのも全部同じ人。

そうなるとどうなるかと言えば、設計書がその人しか読めないものになる。
(酷い時は、「プログラムだけは書いといたから設計書作って」なんて言われた事もある。なんだそりゃ)

先日スケジュールの都合で、珍しく設計と実装を分担することになった。

あまりシステムに馴染みのない自分が実装で、長年システムに携わってきた人が設計書を書いた。

渡された設計書を読んでも、どう実装すればいいのか読み取れない。

設計者に確認すると、

「それは、ExcelでXXXというファイルを開いて、XXXという仕様書に沿ってテーブルにデータを入れて、XXXというマクロを実行して、出力されたファイルをXXXに置いて…」

って、そんな事どこにも書いてない…。行間読むにも程があるだろ。

単体テストをよく理解している人は、設計するのも実装するのも、テストされやすい事を意識する。

必ずしもそれがベストプラクティスとは限らないけれど、直交性が高いモジュールを設計しようとすると、自然にプログラムも綺麗になってくる。

設計書も“プログラムを実装するために読む”という理解があれば、他人が読み取れない設計書を作ってしまうようなことはないはずだ。

そもそもここの客が設計書の納品を要求しているのは“ちゃんと作った証拠”を見ておきたいだけであって、それを逆手に取って“それっぽい物を納品しさえすればいい”と考えてる体質はどうにかならないものだろうか。